水道代にもつながる水のトラブル

水道に関する水のトラブルは、早急に修理をしなければ大きな問題に繋がる場合があるため、できるだけ早期に解決しなければいけないでしょう。そのためには、わずかな異変でも気がつくようにしておくことが大切です。水のトラブルは大きなものになってしまえば、修理費もかさんでしまいます。交換まで考えなければいけないようになれば、相当な費用を投資しなければいけないからです。

■トイレで起きるわずかな水漏れ

水のトラブルで、費用に大きな影響を与えるのが、わずかに漏れだしてしまうような状況です。トイレで起こる水漏れの中には、タンクから便器にわずかずつ漏れてしまう状態があります。この状態は、使ってもいない水が消費されてしまいます。24時間漏れ続けていけば、確実に大きな損害になってしまいます。
キッチンの蛇口でも同様のことが起きます。パッキンやコマが劣化してくると、わずかでも水が漏れてくるでしょう。こうした状況は、発見も容易で早期に解決できる水のトラブルです。注意深く確認していれば、音にも変化が出てきます。普段と何かが異なると思ったときには、原因を見つけるためにも、専門業者に点検してもらうことも必要です。修理の際にも必要になるため、異常に気が付いた場合は止水栓を締めておくことが良いでしょう。

■カビの原因ともなるシャワーからの水漏れ

意外と気がつかないのが、シャワーからの水漏れのトラブルです。常に多くの水を使いますし、シャワーのホースの中にもお湯が残るため、水漏れしているとは考えにくい場所になります。実際に水漏れが続いていると、使っていないときに水が垂れる音がするでしょう。音が聞こえない場合も、風呂場の床が水で濡れているなど、細かく見ていれば気が付くことができます。湿度が高い状態になるため、カビが生えやすい状況にもなるはずです。こうした変化を見つければ、水漏れしていることを見つけられるでしょう。
水道代もかかり、なによりも清潔な環境に保てなくなってしまいます。早めに修理することで、カビの発生も抑えられるため、掃除の手間も少なくなるメリットがあります。

■まとめ
修理をする場合には、必ず止水栓を締めてからおこなわなければいけません。作業に関わる安全を確保する意味もあります。水圧がかかったままでは、現実的に取り外せませんし、外せても水が噴き出して大参事になるでしょう。止水栓は必ず近くにありますし、なければ元栓を締めてしまえば問題はありません。
どんな作業をするときでも、安全の確保が必要です。やり方などがわからないときには、専門業者に修理や交換を依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ