水のトラブルが起きやすい蛇口

生活環境の中で、水回りから水漏れしてくる状況は大きな問題につながります。水のトラブルはさまざまなところで発生します。特に蛇口は可能性の高いところとして認識されているでしょう。水回りに取り付けられている部材の中でも細かな部品が多く、どうしても消耗品も交換が必要です。修理しやすい場所にあることから、自分で交換する人も多いでしょう。それでも、決して簡単というわけではありません。難しいと思ったら専門業者に依頼して修理するのが一番です。

■水漏れをなおすためパッキンやコマの交換

蛇口の構造は、細かな部品が使われていますが、ツーレバー水栓など一般的なものは、そこまで複雑ではありません。構造的な部分も覚えてしまえば、パッキンの交換は難しくありません。劣化したパッキンとコマを同時に交換すれば、作業としては完了です。
注意が必要なのは、水圧がかかっているという部分です。水道管から圧送されてくる水には、高い圧力がかかっています。そのまま蛇口を分解すると、水が噴き出してしまいます。近くに止水栓が設置されているため、右回しで水を止めます。一旦蛇口を開き、残っていた水圧を逃がしてから修理を始めることが重要です。

■簡単なようで難しい蛇口 交換

蛇口はずっと使えるものと錯覚しやすい部分です。普段から何気なく使っているため、パッキンなどの消耗品だけ交換すればいいと思ってしまいます。しかし使用頻度も高く、金属同士も摩耗していくため、寿命がきます。10年程度が境目といわれており、蛇口 交換も考えていかなければいけません。蛇口 交換は、単純なものであれば、モンキーレンチ程度で交換が可能です。
しかし、近年ではセンサーが内蔵されており、ハンドル自体が存在しないタイプもあります。内側の構造が複雑なものも多いため、専門的な知識や技術が必要となります。
この場合や高機能な蛇口へ交換する際は、さまざまな工具も必要です。正しい取り付け方でなければ水漏れの原因となる場合もあります。複雑な構造のものは特に専門業者に取り付けてもらうことがおすすめです。

■まとめ
蛇口の修理は水回りの中でも簡単な部類です。だからといって、無理して交換すると、水漏れの原因を作ります。わずかな隙間でもできれば水は漏れてくるのですから、失敗すれば水のトラブルにつながります。
パッキンなどの交換や蛇口の交換が必要な場合も多いですが、難しい場合は正しい知識と技術を持った専門業者に依頼する方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ